Singer Song Writer
Marion
Official Website

icon
contact

Marion weblog

夏福2017

ブログを引っ越しました。

万理音(まりおん)です。
弾き語りをしてます。本名です。
活動拠点は大阪、寝屋川です。

前のブログにはネガティヴが溜まり切ったのと、余分なコンテンツで星座占いの順位を良かろうが悪かろうが毎日無理やり教えられてうんざりしていたからです。(ちなみに牡牛座です)要は飽きたからです。

昔、人生最大の陰鬱期にイライラした時水溜りにケータイを叩き付けた事があります。水分+コンクリートの衝撃で一発で壊れました。普段からよく手が滑るのでケータイをあまり大事に出来ていないですが、壊れる度に消えるデータは正直言って清々しいです。
写真やアドレスは消えるのに、LINEやSNSは別世界として存在していて、絶対消えないんだよな。前のブログも同じ。
またここに、別世界を作ろうと思います。(なんか中二病みたいやな)
いつかTwitterを辞めてしまっても、ブログはひそひそ書き続けていきたいなぁ。というわけでこれからもひそひそ更新していきたいと思います。前みたいにツイートは連動しないから、気が向いたらよかったらまた覗きに来てね。

昨日は夏福というサーキットフェスに出演させてもらいました。
アコギとカホンと私とPAさんと万理音スタッフで五人編成!
去年も出演させて頂いてたのですが、全体的に、凄く来てくれる人が増えてた気がする。夏福いいイベントだもんねえ 出演できて嬉しかったなあ

たくさんの豪華な出演陣の中、万理音を観に来てくれた人はありがとうございます。
曲に入る時のカウントが上手く出来なくて、笑ってもらえて救われました。ワダさんに仕切り直して頂きました。もう一生カウントなんてしない。そう誓った日でした。所々フスフスとしゃーなしで笑ってくれるのも嬉しかったよ、ありがとな!

MCであんまり上手く話せなかったこと。
人間は、自分が変わることは出来ても他人を変えることは出来ない、って知りました。好きな人にも、好きだからこそ嫌だなって思うこともあって。だけど短所だってその人なんだから、赤の他人の私がそれを変えようだなんておこがましい話だった。どうしてただ待つことが出来なかったんだろう。いなくなってから気づく。思ったことを思ったままにしか言えない私は、きっと自分の知らないところでたくさん人を傷つけてきたかもしれない。だけど、あの人は優しいから、きっと私じゃない何かを恨んでいるんだろうと思うと、今でも胸が痛くなる。優しい人が本当に優しいだけのはずがないんだ。

夏福はフェスって言い張るところが可愛くって好きだけど(ちゃんと確かに”夏フェス”だった、最高だ!)、サーキットってバンドからしたらやっぱりドキドキだよ。何人観にきてくれるかな、どんな人が観に来てくれるかな、好きなバンドマンもあわよくば観てくれたりしないかなって
最初からいっぱいの人が観てくれて、色んな顔が見えてめちゃめちゃ嬉しかったです。どんな気持ちで聴いてくれてるんだろう、何を思ってるんだろうってずっと気になっていました。あなたの中に少しでも、届いて触れていたらいいなって思います。出会ってくれてありがとうございました。

今年は三人での演奏だったので、去年より心強かったです。カウントは失敗したけど。

セットリスト
1.かけがえのあるひと(夏福コンピに入ってます!)
2.夏影

〜ここでカウントをミスる〜
3.ダークサイド西野◯ナ(仮)
4.彼女のテレキャスター

5.宝物

ギタボカル 万理音
ギター ワダアツシさん
カホン 松本和也(ドラマストア)さん

本当にこの日だけの特別編成だったけど、また出来たらいいなあって思ってます。

改めて、観に来てくれてありがとうございました。

来年も、出たいなあ

ライブ告知だよ、次のライブはROCKTOWN

その次は何と、ジンのひぃたんさんと対バンじゃ

この二本はある人に紹介してもらって決まったのですが、お客さんが少ないとその人が怒られるそうです。
大人は結果にならなきゃいつも悲しそうな顔をするのが少し怖いですが、その人が怒られるのは私も嫌なのでよかったら力を貸して頂けますと幸いの極みです。
お客さんがそんなことを気にする必要は本来ないのですが、私は売れていないのでこうでもしないとどうにもなりませんでした。ごめんなさい。黙って良いライブします。

でも、少しでもご興味ありましたら来て頂けると嬉しいです。よ。よろしくお願いします。

七月最後のライブハウスはね、夏福でもご一緒したREMさんのレコ発。この日も大切な日だから、来てくれると嬉しいよ。
ちなみにこのブログの一番初めの画像は、夏福の日REMさんに貰った本です。レムさんが読み終わった後のやつです。うれしいな。

私は売れたらTwitterを辞めたいです。こう言うとネガティヴな風に聞こえるでしょうか。だけどまだ二十歳の若僧の私でも、ツイッターがなくてもよかった時代を知ってるから、そこに本質はないよなってことも気づいてるし知ってるんです。誰とでも繋がれる時代の良さも知ってるし、実際ツイッターが繋ぎ止めてくれてるような関係も僅かだけど在る。とか言って、yuiがTwitter始めたら速攻フォローしに行くんだろうなと思いますけどね。
だけどTwitterは誰かの生存確認も出来るから好きですよ。
画面の向こうでも、必死に生きていてください。生きて会いたいです。

あとはね、売れたら、タクシー移動がしたい。

以上、自転車が壊れて乗れなくなりスタジオの前に放置していたらカゴがゴミ箱になっていて複雑な心境の万理音でした。

おわり。

archive

contact form

name
tel
mail
live
ticket
twitter
message